組織

事務局からのご挨拶


光山 正雄
京都大学次世代研究
創成ユニット長

京阪神次世代グローバル研究リーダー育成コンソーシアム The Keihanshin Consortium for Fostering the Next Generation of Global Leaders in Research(略称「K-CONNEX」)は、平成26年10月に、文部科学省・JST「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」の採択を受け、平成27年2月に設立されました。京都大学を代表機関として、大阪大学、神戸大学の三大学を中心に、京阪神の関連団体・企業(国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)、公益社団法人関西経済連合会(関経連)、産学協働イノベーション人材育成協議会)とも恊働するコンソーシアムです。

大学院重点化により博士号取得者は大幅に増加してきましたが、一方で多くの若手研究者が真に学術の発展とその社会実装に貢献するには、システムとして解決すべき問題が立ちはだかっています。安定したポストを増やして流動性を促進し、自由な発想が保障される環境での研究から近視眼的ではない優れた成果が生み出され、それが社会に還元されていくシステムの構築が不可欠です。人材育成環境整備の必要性は、すでに平成23年度の第4期科学技術基本計画や平成25年度の日本再興戦略の日本産業再興プランの中で取り上げられました。また、平成25年度の科学技術イノベーション総合戦略でも重点的取組に指定されました。

このような状況に一石を投じるべく、文部科学省・国立研究開発法人科学技術振興機構により立ち上げられたコンソーシアム構築事業では、平成26年度に4件のそれぞれ特徴ある次世代研究者育成プログラムが採択され、活動を開始しました。そのうち、京阪神三位一体型をうたった本コンソーシアムは、関西地区の主要研究大学である三大学がそれぞれの個性を活かしつつ、産総研、関経連とも連携し、次世代グローバル研究者リーダーに相応しい人材を育成しようとするものです。数としては極めて小さなものですが、三大学が提供するユニークな研究ポストに極めて優れた若手研究者を採用し、本来あるべき環境でじっくりと良い研究をして頂こう、そして、次世代研究者のリーダーとして次世代研究を牽引して頂きたいと考えております。

本事業では、将来的なテニュアトラックを見据えた人材育成を行い、上記の理念を達成すべく、三大学が連携協力して支援活動を展開していく所存です。皆様から暖かいご支援とご協力を頂きますようお願い申し上げます。

光山正雄 次世代研究創成ユニット長 略歴
1949年生まれ。1973年九州大学医学部卒業。内科臨床修練の後、78年九州大学医学部細菌学教室助手に着任就任。81-83年ハーバード大学医学部博士研究員。83年九州大学医学部細菌学助教授。87年新潟大学細菌学教授。98年京都大学大学院医学研究科微生物感染症学教授。2008年同大学大学院医学研究科長・医学部長。2013年定年退職後、同大学院総合生存学館特定教授。2015年より京都大学白眉センター長、次世代研究創成ユニット長を併任。専門は国際感染症学およびリステリアや結核菌など細胞内寄生性細菌の病原因子と感染における宿主免疫応答。

体制

体制

(画像をクリックすると拡大表示されます)

事務局

事務局とスタッフ紹介はこちら

シンボル

K-CONNEXのロゴは2つのモチーフを元に作られました。ひとつは「アスタリスク」です。アスタリスクの語源は「小さな星」を意味し、若手研究者を表しています。またアカデミアの慣習として「有意差」を表し、かつ「相乗」の記号でもあります。もうひとつは「矢じり」です。先端の尖った形状によって「突出した研究者」を表し、飛んで行く矢のイメージは「研究内容・成果が適切に相手に届く」ことも想起させます。こうした意図を踏まえ、K-CONNEXのロゴは「相乗効果で高め合う、突出した研究者」を表現しています。

ダウンロード

形状 印刷用 ホームページ用
K-CONNEX symbolmark 1
K-CONNEX symbolmark 2

Core Members & Partners