目的

次世代の学術研究の発展を支えるのは、今まさにキャリア形成の途上にいる若手研究者にほかなりません。京都大学・大阪大学・神戸大学が連携し構築した京阪神次世代グローバル研究リーダー育成コンソーシアム(K-CONNEX)では、若手研究者が創発性の溢れる研究に邁進・専念できるよう、テニュアトラック制度など中長期的な雇用の安定性を視野にいれた人事運営に努めています。さらには、京阪神三大学が地の利を活かして、関西圏の産業界や研究機関と協働し、次世代を担う若手研究者の育成ならびにキャリアアップを図っています。

K-CONNEXの目的

(画像をクリックすると拡大表示されます)

安定的雇用の確保とキャリアパス構築の促進

コンソーシアムでの雇用終了後に継続して研究を発展させられるよう、K-CONNEXに参画する部局の多くは、能力や業績等にもとづいて引き続きテニュアトラックポストや定員ポスト等での雇用を検討しております。また所属機関のみならず、国内外の研究機関、産業界など多様なキャリアパスを想定し、安定的雇用の確保を目指します。

多彩な育成・支援プログラム

その実現にむかって、K-CONNEXでは、若手研究者に寄り添った育成・支援プログラムを構築しています。その各種プログラムでは、国内外のアカデミアならびに産業界との相互インタラクションを高める環境を提供し、若手研究者が将来、研究室主宰者(Principal Investigator : PI)として学術研究を牽引する際に求められる研究力・研究室運営能力を培っていただきます。

地の利を活かした連携

京阪神の3大学は、多くの共著論文が示すように活発な共同研究を行っており、また関西イノベーション国際戦略総合特区における一体的なイノベーション創出も行ってきました。その基盤を活かし、さらに国内外の関連団体・企業と協力することで、京阪神三都から地の利を活かした新たな若手研究者育成支援モデルを発信します。

地の利を活かした連携協力

(画像をクリックすると拡大表示されます)

K-CONNEX紹介パンフレット

K-CONNEX Introduction


K-CONNEXの概要や研究者について紹介したパンフレット(Ver. 1: 2016年1月21日公開)です。事業の進捗に伴い随時更新します。