高山和雄 特任助教がさきがけ「生命機能メカニズム解明のための光操作技術」に採択されました

2016年9月20日

高山和雄 特任助教(大阪大学大学院薬学研究科)がさきがけ(研究領域:「生命機能メカニズム解明のための光操作技術」、研究総括:七田芳則(京都大学大学院理学研究科教授))に採択されました。
この「生命機能メカニズム解明のための光操作技術」領域については、応募総数200に対し、13の研究課題が採択され、採択率は6.5%でした。これは今期の公募の中で最も低い採択率でした。

関連リンク
科学技術振興機構 – 平成28年度 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)の新規研究課題及び評価者について(第1期)