藤田健志 助教がファーストコンタクトプログラムとして招待講演を行いました

2018年2月28日

2018年2月22日(木)、ナノテクキャリアアップアライアンス(Nanotech CUPAL)所属の藤田健志 助教(筑波大学 数理物質系 化学域)がダイキン工業(株)の技術開発拠点「テクノロジー・イノベーションセンター(TIC)」において、ファーストコンタクトプログラムによる招待講演を行いました。化学系の研究者を中心とした15名が参加し、活発なディスカッションが行われました。

概要

日程 2018年2月22日(木)
場所 ダイキン工業(株)テクノロジー・イノベーションセンター(TIC)
講演者 筑波大学 数理物質系 化学域 藤田健志 助教
テーマ 金属触媒によるフッ素脱離を活用した炭素-フッ素結合活性化法~フロン類の有効再利用に向けて~
参加者 化学系の企業研究者を中心とした15名