小松弓子 特定助教(京都大学ウイルス・再生医科学研究所)の共著論文がMolecular Therapy – Methods &Clinical Development にて採択されました。

2019年6月26日

小松弓子 特定助教(京都大学ウイルス・再生医科学研究所)の共著論文がMolecular Therapy – Methods &Clinical Development にて採択されました。

論文情報
RNA virus-based episomal vector with a fail-safe switch facilitating efficient genetic modification and induced differentiation of iPSCs. Yumiko Komatsu, Dan Takeuchi, Tomoya Tokunaga, Hidetoshi Sakurai, AkikoMakino, Tomoyuki Honda, Yasuhiro Ikeda, Keizo Tomonaga.
S2329-0501(19)30054-3, Molecular Therapy – Methods &Clinical Development(2019).

https://doi.org/10.1016/j.omtm.2019.05.010